自己処理とサロンはどちらが良いの?

即効性なら秀でているけれどデメリットも…?

冬場は長袖やズボンなどで全身の肌が覆い隠されていますが、あたたかい気候になる初夏からは肌の露出度が高い服装が目立ってきます。そうなると困るのがムダ毛の処理という問題です。自己処理はすぐにムダ毛の手入れをする必要が生じた時に非常に便利です。毛抜きやカミソリのほか、脱毛専用のワックスや除毛クリームなどもプチプラで低刺激なものが増えています。気を付けておきたいのが、自己処理が与える肌へのダメージです。毛穴から雑菌が入って肌が赤くなる毛嚢炎や、毛が皮膚に埋もれた状態で生えて黒っぽいぶつぶつのようになる埋没毛などになる恐れがあります。自己処理前に肌を温めて毛穴を充分開き、処理後の保湿ケアをすることで、ある程度予防することは可能です。

衛生的にできて、安全性も高い

脱毛機の種類もどんどん新しいものが増えているので、サロン脱毛と言ってもその店舗ごとに細かい差があります。ほとんどの場合は毛の成長期に合わせて、2か月から3カ月ごとに脱毛することになりますよね。間隔が短いところなら2週間から1カ月周期も可能です。脱毛が完了するまでには2年近くかかってしまいますが、おでこのように自己処理が危険なところも安全に処理できるので、自分の理想の生え際にしたり、産毛をなくすことでメイクの持続時間やのりもよくなります。肌のトーンも明るくなるのでくすみが気になる人にもおすすめです。vioラインの脱毛をすることでアンダーヘアの形を整えるだけではなく、蒸れなくなって衛生的な環境になるので、デリケートゾーンの色素沈着の原因を減らすことにもなるんですよ。

レーザー脱毛を銀座ですることができます。安全性が高いレーザーを使用していて、全身に施術することができムダ毛処理がスムーズです。